allabout ゆでたまご先生のインタビュー記事を読んでの感想

直前投稿記事「10月 23日に上位スキル アップデート実装か」を書いていて、「More」に入れるべきだと思ったが、あまりにも長くなり、本記事より熱が篭ってしまった為に別エントリーとする事とした。

しかし、このブログを見に来てくれる方の大半は SROネタを見に来られると思うので、ひっそりと公開。





ゆでたまご先生インタビューを読んで

直前投稿記事「10月 23日に上位スキル アップデート実装か」にて、ゆでたまご先生の例を挙げたので、突然ですが、この投稿では「ゆでたまご先生と僕」について語らせて頂きます。

関係の無い話と言っても、当ブログでは以前よりモンモンモン繋がりという名目で、週刊少年ジャンプで連載されていたちょっぴり古い漫画の話も有りと、自分自身の度々訪れる「マンガについて語りたい」という欲求を満たしてきたので問題なかろう。

今回、キン肉マンと表記する際に、相変わらず大したキン肉マン野郎では無い私は、「きん肉マンと、キン肉マン、どっちだっけ?」と、悩み、検索を行い、正解が「キン肉マン」である事を確認した訳だが、そこで知ったのが「allaboutのゆでたまご先生レビュー」という記事である。

一年以上前の記事で、真のキン肉マン野郎な方には今更かと思いますが、非常に感動したので感想を書きたい。

私は「キン肉マン野郎では無い」と書いている通り、「キン肉マン」の全盛期は「キン肉マンなんぞチビッコの漫画である」と、認識していて読んでおらず、「キン肉マン」と言えば、「テリーマンって、お金を貰わないと動かないクールキャラで、子供も小突く悪い奴だよね。」という時代しか、まともに読んでいない。

ちなみにテリーマンは、この後の超人対決路線に入ると、とても情に溢れたナイスガイにキャラが変貌するらしく、キン肉マン世代のキン肉マン野郎共と、私の間ではテリーマンに対するイメージが全く異なってしまい、それ故にテリーマン論争に発展してしまう事さえあるのだ。こんな誰も望んでいない戦争を生み出してしまうのも、ゆでたまご先生の業の深さである。

そんな訳で、脈絡の無い話に対して「それなんて ゆでたまご先生?」等と、返答する事も多いのが私の癖である。

ゆでたまご先生の作品は、念入りに布石を置かれ、非の打ち所の無い理論的なストーリーを展開される鬼才つの丸大先生の作品とは違い、常に行き当たりバッタリなのである。その行き当たりバッタリ度には定評があり、「先週と言ってる事が違う」どころか、「1ページ前と全然違う」も朝飯前。時には「1コマ前と話が合わない。」なんて芸当も披露してくれるのである。

で、あるからして、該当インタビューで「キン肉マンの原形は小学生時代に生まれました」等と言われても、「絶対に、いま思いついたに違いない」と、勘ぐってしまうくらいに、ゆでたまご先生を尊敬している。

そんな、ゆでたまご先生が該当インタビュー記事で発言されていた決め台詞に非常に感動した為に、この番外記事を書く事になりました。

「常に行き当たりバッタリ/破綻を恐れない」

これは猛烈に感動したね。やっぱり少年漫画はこうじゃなくちゃね。これは日ごろから「最近の漫画は軟弱だ」と読んでもいないのに批判をしている私の意見を後押ししてくれる発言でもあるんだよね。

これに対して『「ぼーぼぼぼ?」とかの後年の漫画の脈略の無さっぷりの方が酷い』という意見を出す若輩者がいるかもしれないけど、パワーが全然違うんだよね。あの辺りは「変な事書いてりゃ良いんだろ?」という作者のダラけっぷりをヒシヒシと感じるんだけど(歯医者の待ち時間に読んだ事がある程度だが)、昭和漫画ってのは理論はメチャクチャなんだけど、「お前ら、これで納得しろ!」と、強烈なパワーで迫ってくる。正に漫画という名を借りた脅迫行為なのだ。

しかし、先生達が「デビュー当時、高校生だった」なんて知らなかったし(忘れてただけかもしれないが)、「トビラの廃止」という今のBLOGに通じる手法も言われてみればキン肉マンが最初であった気がする。そういった点でも、ゆでたまご先生は偉大な御二方であったのでしょう。

で、SROの話をすると、SROの破綻っぷりにも、最初はこの頃の漫画を彷彿させるパワーを感じていたのだが、最近では、今の「なんちゃって波状マンガ」程度にしか感じなくなっている気がするのだが、その辺りどうなんだろうと疑問を抱いたまま感想文終了とさせていただきます。

追伸:

最近のマンガは軟弱で、ジャンプ黄金期は凄いと書いているが、それ以前の「あしたのジョー」や、「巨人の星」等の梶原一騎先生の作品に比べれば、行き当たりバッタリ度も、パワーも「劣るのでは無いか?」と思っている事も事実です。


[PR]

  by sroharasaki | 2007-10-16 22:36 | おさるカンケイ

<< 不可解な出来事もございましたが     10月 23日に上位スキル ア... >>