健強馬レース出場

f0091762_0244657.gif

本日はギルド「ジャスティス」様の開催された健強馬レースに出場させていただきました。

原崎山ギルド、他のメンバーも出場したがっていたのですが、リアル用事の為、参加出来ず悶着一人で参加です。

コースは敦煌西門からスタートし、東門を抜け、時計回りで再び西門に帰るを 3周。レース前にコース案内を目的とした練習走行を1周してレース開始。


f0091762_0365990.jpg

以下、悶着が把握していたルール

  1. 使用可能な馬はキャラクターレベル10より搭乗可能な健強馬のみ
  2. 出走者は、主催者ギルドのメンバーがリーダーを勤める共同パーティーに参加する事
  3. 落馬したら馬の乗り換えは可能
  4. スキルの使用は禁止(移動速度UP巻物も禁止?)




練習走行時に気になったのは、混走状態になると悶着がどこに居るのか瞬時に分かり難いという事です。その対応としてシステム設定で、自己PC以外の名前を表示しない設定にしました。これで自己PCの位置が把握し易くなります。このレースでは、他のキャラクタ毎の性能、性格等を考慮する必要が無いと思ったので、この設定が正解かと思います。

さて、主催者様の白チャによるカウントダウンが始まり各馬一斉にスタート。レース開始前の予想としては、多少存在する障害物に気をつける程度で簡単に周回をこなせると思っていました。そしてレース開始。東門を抜け、2回目のカーブを曲がる迄は入賞範囲内。前走者のちょっとしたトラブルで優勝も狙える範囲!

そして南門前を通過しようとしたところ「ここは南門だからスルーする」と、自分に言い聞かせながら操作をしていたのですが、前走者が突然、南門突入。その瞬間「ふっ間違えてやんのw…あれ?もしかして間違ってるの俺??」との思いが!!

結局、この一瞬の迷いで南門へ突入してしまい。入賞は諦める位置に下がってしまいました(;´Д⊂)

その後もレースは何が起こるか分からないとの思いで、諦めず走りきりましたが、順位は後ろから数えた方が早いかな?と、いった結果に終わりました。
今回の最大の敗因は事前に練習走行を行わなかった為、本番時の南門事件で冷静に対応出来なかった事にあると思います。

その他、このレースの肝と思えた点として、シルクはラグがあるから何が起こるか分からない!

走行中にコントロール出来なくなり、曲がるところを一直線に走り抜けてしまう人が悶着を含め多数見受けられました。

ラグじゃないけど、誤クリックで、露店を見てたり、門兵と話していた素敵な人もいたようですが…
表彰中に肝心の入賞者が落ちてたり、とってもシルクらしくて楽しい事件もありました。


f0091762_036271.jpg

健強馬レースは予想以上に難しく、ラグのお陰で(?)運の要素も絡む等、非常に面白かったです。主催者の方々、本当にありがとうございました。

#レース中のスクリーンショットを取る余裕はありませんでした。


[PR]

  by sroharasaki | 2006-05-28 00:38 | イベント・キャラバン

<< モン次郎 Lv49     黒殺槍法・破輪槍法(連続攻撃) >>